No.222 引き算と足し算

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 1秒 / メモリ制限 : 512 MB / タグ : / 解いたユーザー数 139
作問者 : shimomire

0

問題文

真っ当な人間は、文字列 "x+y" を x + y として解釈して、文字列 "x-y" を x - y として解釈するだろう。
ところが、アリスは足し算と引き算を逆に認識している。
つまり、文字列 "x+y" を x - y として解釈して、文字列 "x-y" を x + y として解釈する。
入力された文字列に対して、アリスの解釈での演算の結果を出力してください。

入力

$x$$op$$y$

$-10000 \le x \le 10000$
$op$は、"+"または"-"
$-10000 \le y \le 10000$
$x$,$y$は整数で、先頭には符号(+,-)が付く場合があります。
(例えば、整数が 0 の場合は +0,-0,0 の 3 通りの入力が考えられます。 整数が 1 の場合は +1,1 の 2 通りの入力が考えられます。 整数が -1 の場合は -1 の 1 通りの入力が考えられます。)

$x$,$op$,$y$の間には空白が含まれないことに注意してください。

出力

出力の値を一行で出力してください。 最後に改行してください。

サンプル

サンプル1
入力
5+3
出力
2

入力は5+3ですが、5 - 3の演算の結果である2を出力します。

サンプル2
入力
10-20
出力
30

サンプル3
入力
-2+-3
出力
1

入力のx,yが符号を含む場合があります。

提出ページヘ