問題一覧 > 通常問題

No.1134 Deviation Score Ⅱ

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 2.000秒 / メモリ制限 : 512 MB / 通常問題
タグ : / 解いたユーザー数 60
作問者 : WrongAcceptWrongAccept / テスター : 👑 nullnull
1 ProblemId : 4776
問題文最終更新日: 2020-09-08 13:27:03

問題文

NaN君の担当するクラスには$N$人の生徒がいる。
テストを行ったところ、各生徒の点数は100点満点中{$x_1,x_2…x_N$}となった。
この時、生徒$M$の偏差値を小数点以下切り捨てで求めなさい。ただし、「小数点以下切り捨て」は「0 方向への整数丸め」とする。(追記)

なお、偏差値の求め方は以下のようになる。
(1).全員の平均点との差の平方を求める
(2).(1)の平均の平方根を求める
(3).平均点との差に10をかけて(2)で割る。ただし、(2) が 0 の時は、偏差値を 50 とする。(追記)
(4).平均点より点数が高かった場合50に(3)を足し、そうでなければ(3)を引く

入力

$N$
$x_1\ x_2\ x_3...x_N$
$M$

$1≦N≦10^5$
$0≦x_i≦100$
$1≦M≦N$
$N$,$M$,$x_i$は整数である。

出力

生徒$M$の偏差値を整数で1行に出力しなさい
※例えば65を65.0と出力するとWAになります

サンプル

サンプル1
入力
10
50 90 60 60 40 100 40 40 50 70
2
出力
65

平均点:60
平均点との差の平方の平均の平方根(2) :20
平均点との差*10/(2):30*10/20=15
平均点より高いので:50+15=65

提出するには、Twitter 、GitHub、 Googleもしくは右上の雲マークをクリックしてアカウントを作成してください。