No.190 Dry Wet Moist

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 2.000秒 / メモリ制限 : 256 MB / 通常問題
タグ : / 解いたユーザー数 96
作問者 : 紙ぺーぱー紙ぺーぱー
2 ProblemId : 499 / 出題時の順位表

問題文

kamipeipaa君は理系学生なので、実験が大好きです。今日はある湿気を持った2つの試料を合成する実験をしています。
kamipeipaa君は$2N$個の試料を持っています。$i$番目の試料の湿気は整数$A_i$で表されます。これらのうち2つを選んで合成するという作業を$N$回繰り返します。合成された物質の湿気は合成に用いた2つの試料の湿気の和で表されます。合成後の物質の湿気が負のとき$Dry$、正のとき$Wet$、ゼロのときは$Moist$と呼ばれます。合成後の物質は危険なので使ってはいけません。なお、当然のことながら合成に用いた試料はなくなります。

kamipeipaa君はこれから実験を行いますが、合成結果として$Dry$なもの、$Wet$なもの、$Moist$なものを最大どれだけ作ることが可能か気になっています。kamipeipaa君に教えてあげてください。

入力

$N$
$A_1$ $A_2$ $.$ $.$ $.$ $A_{2N}$

1行目に合成を行う回数を表す整数$N(1 \le N \le 10^{5})$が与えられる。2行目に試料の湿気を表す整数$A_i(-10^{5} \le A_i \le 10^{5})$が空白区切りで与えられる。

出力

合成結果の物質のうち$Dry$なもの、$Wet$なもの、$Moist$なものを最大でどれだけ作ることが可能か1行で空白区切りで答えよ。

サンプル

サンプル1
入力
4
-4 -3 -2 -1 1 2 3 4
出力
3 3 4

(-4, 3), (-3, 2), (-2, 1), (-1, 4)と合成を行った場合、$Dry$な物質を3個作ることができます。 (-3, 4), (-2, 3), (-1, 2), (-4, 1)と合成を行った場合、$Wet$な物質を3個作ることができます。 (-4, 4), (-3, 3), (-2, 2), (-1, 1)と合成を行った場合、$Moist$な物質を4個作ることができます。

サンプル2
入力
2
1 2 3 4
出力
0 2 0

どのように合成しても$Wet$な物質しか作ることはできません。

提出ページヘ
下のフォームでの入力は、テキストボックスにフォーカスがない場合は、(Onにしている場合)ショートカットキー・スマートサブミットの影響を受けるので、必要なら提出ページに遷移してください。

言語
問題によって提出できない言語があります。参考
ソースコード
ソースコードのテキストボックスに文字がある場合はファイルは無視されます。
テキストボックスで提出するとCR(\r)が除去されますが、ファイルで提出すると除去されません。