No.306 さいたま2008

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 2.000秒 / メモリ制限 : 256 MB / 小数誤差許容問題 絶対誤差または相対誤差が$10^{-6}$ 以下
タグ : / 解いたユーザー数 255
作問者 : koyumeishikoyumeishi
4 ProblemId : 853 / 出題時の順位表
問題文最終更新日: 2015-11-27 10:32:22

問題文

xy平面の第一象限に点$A$ $(x_a, y_a)$、点$B$ $(x_b, y_b)$があります。ここでいう第一象限とはx>0かつy>0であるような領域のことです。
$|AP|+|PB|$が最小になるように、y軸上に点$P$ $(0, y_p)$を置いてください。$|AP|$、$|PB|$はそれぞれの点間のユークリッド距離を指します。

入力

$x_a$ $y_a$
$x_b$ $y_b$

1行目に点$A$の座標、2行目に点$B$の座標が与えられます。
入力は整数で与えられ、次の条件を満たします。
$0 < x_a, x_b, y_a, y_b < 1000$

出力

$y_p$

点$P$のy座標を出力してください。
ジャッジ解との絶対誤差または相対誤差が$10^{-6}$以下ならば正解と見なされます。

サンプル

サンプル1
入力
1 2
3 4
出力
2.5

問題文の画像の例です。

サンプル2
入力
100 100
100 200
出力
150

サンプル3
入力
114 514
114 514
出力
514

$A \neq B$とは限りません。

提出するには、Twitter 、GitHub、 Googleもしくは右上の雲マークをクリックしてアカウントを作成してください。