No.398 ハーフパイプ(2)

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 2.000秒 / メモリ制限 : 256 MB / 通常問題
タグ : / 解いたユーザー数 58
作問者 : koyumeishikoyumeishi / テスター : りあんりあん
7 ProblemId : 819 / 出題時の順位表
問題文最終更新日: 2016-07-15 23:20:40

問題文

スノーボード競技の一つにハーフパイプという種目があります。
ハーフパイプでは、6人の審査員それぞれが競技者の演技を100点満点で採点し、 最低点を1つと最高点を1つ除いた4人分の平均点をその演技の得点とします。 (注:この採点方式を用いない大会もあると思います。 参考

例えば、6人の採点結果が {10, 20, 30, 40, 50, 60} であった場合、 この中の最低点 10 と最高点 60 が除かれ、 {20, 30, 40, 50} の平均点(=35.00) が得点となります。
同じ最低(最高)点が複数あった場合でも、最低(最高)点として除かれるのは1人分のみです。
例){50,50,60,70,70,70} -> {50,60,70,70}
例){51,51,51,51,51,51} -> {51,51,51,51}

さて、審査員の採点結果から得点を算出するのは ハーフパイプ(1) でやったので、 今度はその逆を考えてみましょう。
演技の得点 $X$ が与えられるので、 これを実現するような審査員の採点結果が何通りあるのか計算してください。
ただし、各審査員の採点は0点以上100点以下の整数で、審査員はそれぞれを区別するものとします。

入力

$X$

得点$X$が小数第二位まで与えられます。
$0.00 \leq X \leq 100.00$

[2016/07/15 23:20追記] 答えが 0 通りになるような入力は与えられません。

出力

得点が$X$になるような採点結果が何通り存在するのか出力してください。

サンプル

サンプル1
入力
0.00
出力
601

入力は小数第二位まで正確に与えられます。

[0, 0, 0, 0, 0, 0]
[S, 0, 0, 0, 0, 0] ($1 \leq S \leq 100)$
[0, S, 0, 0, 0, 0] ($1 \leq S \leq 100)$
[0, 0, S, 0, 0, 0] ($1 \leq S \leq 100)$
[0, 0, 0, S, 0, 0] ($1 \leq S \leq 100)$
[0, 0, 0, 0, S, 0] ($1 \leq S \leq 100)$
[0, 0, 0, 0, 0, S] ($1 \leq S \leq 100)$
これらを合わせると601通りです。 審査員はそれぞれ区別されることに注意してください。

サンプル2
入力
100.00
出力
601

[100, 100, 100, 100, 100, 100]
[S, 100, 100, 100, 100, 100] ($0 \leq S \leq 99)$
$\vdots$
[100, 100, 100, 100, 100, S] ($0 \leq S \leq 99)$
全部で601通りです。

サンプル3
入力
49.25
出力
6998725305

オーバーフローに注意しましょう。

提出ページヘ
下のフォームでの入力は、テキストボックスにフォーカスがない場合は、(Onにしている場合)ショートカットキー・スマートサブミットの影響を受けるので、必要なら提出ページに遷移してください。

言語
問題によって提出できない言語があります。参考
ソースコード
ソースコードのテキストボックスに文字がある場合はファイルは無視されます。
テキストボックスで提出するとCR(\r)が除去されますが、ファイルで提出すると除去されません。