No.735 接線

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 2.000秒 / メモリ制限 : 512 MB / 小数誤差許容問題 絶対誤差または相対誤差が$10^{-6}$ 以下
タグ : / 解いたユーザー数 123
作問者 : butsurizukibutsurizuki / テスター : cielciel
0 ProblemId : 2285 / 出題時の順位表

問題文

半径$r$の円$O$と$O$から距離$d$にある円外の点$A$があります。
点$A$から円$O$に接線を引き接点を$L$とするとき線分$AL$の長さを求めてください。
(点$A$から円$O$には接線が2本引けますが、どちらも同じ長さであることが示せます。)

入力

$r$ $d$

・制約
$0 < r < d < 10^5$
$r,d$は小数第6位まで与えられる

出力

解を1行に出力し、最後に改行してください。
絶対誤差または相対誤差$10^{-6}$以下は許容されます。

サンプル

サンプル1
入力
3.000000 5.000000
出力
4.000000000000

サンプル2
入力
123.456789 123.456790
出力
0.015713483953

提出ページヘ
下のフォームでの入力は、テキストボックスにフォーカスがない場合は、(Onにしている場合)ショートカットキー・スマートサブミットの影響を受けるので、必要なら提出ページに遷移してください。

言語
問題によって提出できない言語があります。参考
ソースコード
ソースコードのテキストボックスに文字がある場合はファイルは無視されます。
テキストボックスで提出するとCR(\r)が除去されますが、ファイルで提出すると除去されません。