No.852 連続部分文字列

レベル : / 実行時間制限 : 1ケース 3.153秒 / メモリ制限 : 315 MB / 小数誤差許容問題 絶対誤差または相対誤差が$10^{-5}$ 以下
タグ : / 解いたユーザー数 87
作問者 : CuriousFairy315CuriousFairy315 / テスター : tempura_pptempura_pp
5 ProblemId : 2854 / 出題時の順位表

問題文

文字列$S$が与えられます。
$S$の空でない連続な部分文字列における、文字の種類数の平均を求めてください。

入力

$S$

$1 \leq |S| \leq 10^6$
$S$はアルファベット小文字のみで構成される

出力

文字の種類数の平均を出力してください。絶対誤差は$10^{-5}$まで許容されます。
最後に改行してください。

サンプル

サンプル1
入力
ei
出力
1.33333

eiの空でない連続な部分文字列はeieiの3つあり、それぞれ文字の種類数は$1$, $1$, $2$です。
よって、$\frac{1+1+2}{3}=\frac{4}{3} \fallingdotseq 1.33333 \cdots$です。

サンプル2
入力
fairy
出力
2.33333

サンプル3
入力
temhomu
出力
2.78571

提出ページヘ
下のフォームでの入力は、テキストボックスにフォーカスがない場合は、(Onにしている場合)ショートカットキー・スマートサブミットの影響を受けるので、必要なら提出ページに遷移してください。

言語
問題によって提出できない言語があります。参考
ソースコード
ソースコードのテキストボックスに文字がある場合はファイルは無視されます。
テキストボックスで提出するとCR(\r)が除去されますが、ファイルで提出すると除去されません。