結果

問題 No.818 Dinner time
ユーザー CuriousFairy315CuriousFairy315
提出日時 2019-04-13 20:58:18
言語 C++14
(gcc 12.3.0 + boost 1.83.0)
結果
WA  
(最新)
AC  
(最初)
実行時間 -
コード長 1,666 bytes
コンパイル時間 727 ms
コンパイル使用メモリ 63,460 KB
実行使用メモリ 4,388 KB
最終ジャッジ日時 2023-07-30 01:16:31
合計ジャッジ時間 4,683 ms
ジャッジサーバーID
(参考情報)
judge11 / judge14
このコードへのチャレンジ(β)

テストケース

テストケース表示
入力 結果 実行時間
実行使用メモリ
testcase_00 AC 2 ms
4,384 KB
testcase_01 AC 2 ms
4,384 KB
testcase_02 AC 1 ms
4,380 KB
testcase_03 AC 1 ms
4,384 KB
testcase_04 AC 1 ms
4,380 KB
testcase_05 AC 2 ms
4,388 KB
testcase_06 AC 2 ms
4,380 KB
testcase_07 AC 2 ms
4,384 KB
testcase_08 AC 2 ms
4,380 KB
testcase_09 WA -
testcase_10 AC 1 ms
4,380 KB
testcase_11 WA -
testcase_12 AC 1 ms
4,380 KB
testcase_13 AC 1 ms
4,380 KB
testcase_14 AC 2 ms
4,380 KB
testcase_15 AC 1 ms
4,380 KB
testcase_16 AC 2 ms
4,380 KB
testcase_17 AC 45 ms
4,380 KB
testcase_18 AC 32 ms
4,380 KB
testcase_19 AC 36 ms
4,380 KB
testcase_20 AC 46 ms
4,384 KB
testcase_21 AC 42 ms
4,380 KB
testcase_22 AC 32 ms
4,384 KB
testcase_23 AC 38 ms
4,380 KB
testcase_24 AC 53 ms
4,384 KB
testcase_25 AC 37 ms
4,384 KB
testcase_26 AC 32 ms
4,384 KB
testcase_27 AC 47 ms
4,380 KB
testcase_28 AC 39 ms
4,380 KB
testcase_29 AC 50 ms
4,380 KB
testcase_30 AC 43 ms
4,380 KB
testcase_31 AC 45 ms
4,380 KB
testcase_32 AC 39 ms
4,380 KB
権限があれば一括ダウンロードができます

ソースコード

diff #

#include<iostream>
#include<cstdint>
using namespace std; // 575

const int64_t INF2 = 4611686018427387903; // 10^62-1、使わない辺とかに用いる
int main() {
	int64_t N, M, A, B;
	cin >> N >> M;
	int64_t dp[3] = {0, -INF2, -INF2};
	while (N--) {
		cin >> A >> B;
		dp[2] = max(max(dp[0], dp[1]), dp[2]);
		dp[1] = max(dp[0], dp[1]) + max(A, B);
		dp[0] = dp[0] + max(max(M * A, (M - 1) * A + B), B);
	}
	cout << max(max(dp[0], dp[1]), dp[2]) << endl;
	return 0;
}
/*
31536000のコメント解説欄
ここテンプレで用意してるから、A問題とかだとこの先空欄の危険あり
また、コンテスト後に https://31536000.hatenablog.com/ で解説していると思うので、良かったら読んでねー

まず、各鶏についてとれる行動を列挙してみる
1. M日間卵を産ませる
2. M-1日間卵を産ませ、M日目に鶏肉にする
3. 1日目に卵を産ませる
4. 1日目に鶏肉にする
5. 選ばない
これ以外は最適ではないため、常にこの行動になる
よって、各鶏についてはこう考えることができる
1. 毎日選ばれる (max(MA, (M-1)A+B, B))
2. 1日目だけ選ばれる (max(A, B))
3. 選ばれない (0)
ということで、これを状態に動的計画法を考えることができる
dp1[i]はiが毎日選ばれる鶏の時の美味しさの最大値、
dp2[i]はiが1日目だけ選ばれる鶏の時の美味しさの最大値、
dp3[i]はiが選ばれない鶏の時の美味しさの最大値
dp1[i]=dp1[i-1]+max(MA, (M-1)A+B, B)
dp2[i]=max(dp1[i-1], dp2[i-1])+max(A, B)
dp3[i]=max(dp1[i-1], dp2[i-1], dp3[i-1])
よし、遷移が組めました
*/
0