yukicoder contest 384 概要

2023-04-14 21:20:00〜2023-04-14 23:20:00 (2h)のコンテストです。
参加登録などはありません。問題が公開されたら、回答を提出すれば大丈夫です。
誤回答によるペナルティーはありません。

# ナンバー 問題名 レベル 作問者 テスター Solved Fav
A 2267 群の公理 p-adic 箱 80 0
B 2268 NGワード回避 p-adic Moss_LocalMoss_Local 88 0
C 2269 eN!の整数部分の下1桁 p-adic 遭難者遭難者 56 3
D 2270 T0空間 p-adic 遭難者遭難者 MasKoaTSMasKoaTS 40 0
E 2271 平方根の13桁精度近似計算 p-adic 遭難者遭難者 19 0
F 2272 多項式乗算 mod 258280327 p-adic hotman78hotman78 27 0
G 2273 一点乗除区間積 p-adic ecotteaecottea 12 0
H 2274 三角彩色 p-adic ecotteaecottea 8 0

コンテスト情報

数学の教育的問題からなるコンテストです。

「数学は好きだけど競技プログラミングはよく知らない」という人も是非参加していただければ嬉しいです。

 

そのため競技プログラミング初挑戦の人でも問題文の意味が厳密に分かるように、競技プログラミングでしばしば暗黙の了解や前提知識として省略されてしまう内容も作問用チェックリストに従って記載することがございます。

特に数学で慣習的に断りなく使われているわけではないと思われる用語や記法などが問題文に現れる場合は、問題文より前に記法の説明をすることがございます。競技プログラミングの知識がある方にとっては問題文の読解の邪魔になってしまうおそれがありますが、未定義語を問題文に含ませない方針を目指しておりますことをご了承ください。

 

逆に数学では慣習的に断りなく使われていると思われる用語や記法などは、その説明がクリックして初めて展開されるようにすることで問題文の読解の邪魔にならないように配慮します。

また厳密さを重視して、曖昧さのある「$\cdots$」などの省略記号は用語の定義や問題文の記述そのものには使っていません。ただし用語の定義や問題文を明記した後でその意味の大雑把な説明をする時などにだけ使うことで、厳密な書き方に慣れていない人にも読解しやすいように配慮しています。

 

注意事項

  • 入力制約には、問題文から自動的に従う条件も省略せずに書いている場合があります。
  • 命題の成否を問う問題では出力の形式にYESNOではなくYesNoを採用しています。このことは該当する問題ページにも記載しています。
  • 過去のコンテストと同様、各問題は AC を取った時点で解説が読めるように設定されています。コンテスト中でも解説が読めるのでご自由にご活用ください。

 

過去問

問題の傾向は過去のコンテストを参考にしてください: